バイアグラの全て

バイアグラとは

世界で最初のED治療薬

バイアグラは1998年にアメリカの製薬会社であるファイザー社が世界で初めてのED治療薬として誕生しました。

発売当時には「夢の薬」として瞬く間に世界中に広がりました。

日本でも認可が下りる前に個人輸入などで手に入れる方が多く「夢の薬」の効果を実感しておりました。

しかし、クスリは逆から読むとリスクになります。

バイアグラの効果はもちろん素晴らしい効果を実現する夢の薬であることには間違いないですが、その分副作用や注意点もあります。

約20年前の当時はまだまだインターネットなどでの情報は乏しく、バイアグラの使用方法をわからずに服用してしまうことが多く、それにより重篤な副作用を発症してしまう事例が起こってしまいました。

厚生労働省はこの事例を深く受け止め、翌年の1999年には日本でのスピード認可を行い、医師の処方箋医薬品として発売を開始いたしました。

バイアグラ出現により医療現場での劇的な変化が起こる

バイアグラが登場することでEDの医療現場は劇的に変化が起こりました。

バイアグラが登場する以前での治療方法はアナログ的なものを中心に行っており、AVを鑑賞させてペニスの反応をみるAVSSテストや、睡眠時の勃起の有無を調べる夜間陰茎勃起現象測定などの簡易テストを最初に行い勃起の反応を診ておりました。

ちなみに、夜間陰茎勃起現象測定とは、人は夜間睡眠時に生理現象として勃起を何回か行うため、その勃起を調べるというものです。

しかし、バイアグラ登場により、バイアグラを処方するだけとなりましたし、世間的にもCMなどを多用したり、インポテンスからEDと言葉の変化もみられ特別な扱いを受けるようなものでなくなりました。

バイアグラ服用によるED改善率は

このように、アナログ的な治療から実際に勃起を促進させるバイアグラに変化したことで医療現場は劇的に変化しました。

また、バイアグラ登場までは有効な治療薬はなく、強制的に勃起させる手段しかありませんでした。

ペニスに圧力をかけて海綿体に血液を流入させ、ペニスに根元にリングを着け血液の流出を防ぎ勃起を維持させる「陰圧式勃起補助具」や、直接ペニスに薬剤を注入する「陰茎海綿体注射療法」、手術でペニスに器具を入れる「移植手術」などがあり、これらの治療方法はバイアグラの効果がなかった場合、今でも使用している方法となります。

バイアグラでのED改善率はおよそ80%ですので、できるだけ早めに治療を開始することが重要となります。

↑ PAGE TOP