バイアグラの全て

副作用・併用禁忌薬

バイアグラを服用することの副作用とは

バイアグラでの副作用は主に、顔のほてり、目の充血、頭痛、動悸、鼻づまりなどです。

この副作用は血管の拡張作用による副作用で、お酒を飲んだときのような感じになります。

9割以上の方が感じる副作用ですので、バイアグラの効果の発揮合図だと思うことが良いと思います。

頭痛など副作用が強く感じた場合は、ロキソニンやバファリンなどを使用しても問題ありません。

他の副作用として目の視覚障害などもあります。

これは勃起抑制酵素であるPDE5酵素が目の周りにも多く滞在していることもあるためです。

バイアグラを処方できない方

バイアグラが処方できない方もいます。

これは持病により思わぬ副作用などを感じる恐れがあるためですので、服用は控えてください。

・硝酸剤や一酸化窒素供与剤を投与中の方

・重度の肝機能障害がある方

・脳梗塞や脳出血、心筋梗塞などの三大疾病の既往歴がある方

・心血管系障害がある方

・低血圧症や高血圧であるが治療されていない方

・未成年の方

・過去にバイアグラの成分に過敏に反応した方

・網膜色素変性症の方

併用禁忌薬

バイアグラを処方する上で併用禁忌薬があります。

一緒に服用することで思わぬ副作用を生じる恐れがあります。

・硝酸剤

・慢性血栓塞栓性肺高血圧症の治療薬

・塩酸アミオダロン製剤

今回、薬品目は記載していませんが、これらを使用しているお薬を処方されている場合は服用する前に必ず専門医に相談をしましょう。

副作用対処法

副作用の中で頭痛がおこることがあります。

頭痛がひどい場合は、ロキソニンなどの頭痛薬を服用しても大丈夫です。

頭痛薬の成分が気になる場合は一度専門医に相談をしましょう。

ロキソニンを通常使用する場合は空腹時を控えることになっています。

しかし、バイアグラは空腹でないと効果を発揮しません。

胃が弱い方などがバイアグラと同時にロキソニンを服用する場合は、胃薬も合わせて服用することをお勧めします。

↑ PAGE TOP