病院で処方してもらう

バイアグラは病院で処方してもらうことで購入できます。

バイアグラは処方箋医薬品になるため、薬局やドラッグストアに行っても商品棚にはバイアグラは並んでおりません。

処方箋医薬品ですので、医師の診断が必要です。

診断後に処方してもらうことで、病院や処方箋医薬品で購入することができます。

しかし、バイアグラは薬価基準未収載のお薬となります。

薬価基準とは社会保険診療で、病院やクリニックなどが患者さんに薬剤報酬を算定するたにする基準価格や薬の種類が掲載されているものです。

日本の95%以上が掲載されることで保険対象になっていますが、バイアグラなどのED治療薬は未収載のため保険診療外のお薬となります。

そのため、バイアグラの薬代だけでなく、診療代も自由診療となります。

バイアグラの価格はメーカーから調整が入るため大きな差はないかもしれませんが、診療代は病院やクリニックごとに大きく差があるため、事前に調べておくほうがよいでしょう。

家の近所に行きつけとなる病院、クリニックが見つかると良いですね。

個人輸入代理サイトから購入する

バイアグラは個人輸入代理サイトから個人輸入して購入することができます。

薬事法のページでも紹介しましたが、他人に譲渡、販売をせず自分の使用目的で、薬品ごとの決まった数量であれば海外から購入することができます。

個人輸入代理サイトとは、あなたの代わり海外製品を代行して手続きをしてくれるサイトです。

海外サイトで直接購入する場合は、現地の言語理解能力と現地の商慣習を理解していないと、なかなか購入は難しいと思います。

しかし、個人輸入代理サイトでは全て日本語表記であり、円で購入することができます。

自宅にいながら通販感覚で購入でき、自宅にバイアグラが届くため、とても楽に購入することができます。

金額も診療代+薬代+交通費のかかる病院より安いので近年では海外品を購入する方も多いとのことです。

しかし、海外品のため偽物を販売するサイトもあるとのことです。

信頼できるサイトとしては、正規品保障をしているサイト、メールでの問い合わせができるサイトで選ぶことが良いでしょう。

継続的に使用できる安心なサイトを見つけてくださいね。

↑ PAGE TOP