バイアグラの全て

バイアグラの効果

勃起へと誘うには

勃起するには様々な身体の機能を活用しなければなりません。

まず、ペニスに触れたり女性の裸を見たり想像するなどの性的刺激を受けることで脳が興奮します。

脳はペニスへ勃起しるよう中枢神経を通りペニスに指令を出します。

指令を受けたペニスは一酸化窒素を活用しペニスへ血液を送るパイプ役である血管を拡張させます。

体内の一酸化窒素が活動しだすと、サイクリックGMPと呼ばれる物質が、血流を上げる活動をし、太くなった血管に多量の血液を流しペニスへ血液を送りこませます。

多量の血液を受け取ったペニスはスポンジ状の海綿体へ血液を送りこみ溜めこみます。

海綿体はドンドンと血液を吸い込むことで膨れ上がりパンパンになります。

これが勃起です。海綿体がパンパンに膨れ上がるとペニスから体内へ血液を戻す静脈が圧迫されることで塞がり、ペニスに血液が充満し勃起を維持させます。

勃起を抑制する酵素がEDの原因

このように、勃起をするには中枢神経から伝達されることでペニスへ多量の血液を集める準備を行い勃起させます。

しかし、体内では勃起を身体の異常と察知して勃起を抑制しようとする酵素が存在します。

それがPDE5と呼ばれる酵素です。

PDE5は、血流を上げるサイクリックGMPを分解し血流を抑えようとします。

正常の男性であればサイクリックGMPの働きが勝るため勃起をしますが、加齢や生活習慣病などで動脈硬化が進行してしまうと血管が拡がらなくなり、サイクリックGMPの活動が抑制されてしまいます。

そうすると、PDE5酵素の働くがサイクリックGMPの働きに勝ってしまい勃起に至らなくなってしまいます。

これが、EDとなる原因のひとつとなるのです。

バイアグラはPDE5酵素を阻害します

バイアグラの有効成分はシルデナフィルよ呼ばれる物質で、元々は狭心症の治療薬として開発が進めていました。

しかし、狭心症の治験結果が思わしくなかったために治験者から治験終了のためにお薬の返却を求めたところ返却になかなか応じなかったため、理由を問いただすと、勃起の効果があるとわかり、その後、ED治療薬として開発されました。

シルデナフィルの効果はこの勃起抑制酵素であるPDE5酵素を阻害します。

また、血管拡張作用により血管を広げ血液の流れを良くします。

これにより、正常な勃起への道を作り直すことで勃起を促し維持させます。

ちなみに、バイアグラを服用したからと言って勃起はしません。

あくまで、勃起をするための正常な機能を甦らせる勃起補助薬ですので、性的興奮を感じるためのペニスへの刺激や女性の裸などはご自身で準備する必要があります。

↑ PAGE TOP