バイアグラの全て

バイアグラジェネリック

ジェネリック医薬品とは

バイアグラには多数のジェネリック医薬品が存在します。

ジェネリック医薬品とは同じ有効成分を使用したお薬で、バイアグラの有効成分の特許が切れた後に製造・販売が開始されるお薬です。

そのため後発医薬品と呼ばれます。

薬を発売するまでの研究費などのコストが先発医薬品よりかからないため、先発医薬品より安く購入することが可能であるため、薬を使用する患者さんにはとても嬉しいお薬となります。

日本では2014年に特許が切れたことにより、多数の日本製薬会社がバイアグラジェネリックの製造・販売を開始しました。

ジェネリック大国のインド

インドでは多数のジェネリック医薬品を製造するジェネリック大国となっております。

それは、インドが他の国と特許が違うためです。

通常、医薬品の特許は「成分特許」と「製法特許」に分かれていますが、インドではこのうちの成分特許が認められておりません。

そのため、違う製造方法で製造すれば、同じ有効成分を使用してジェネリック医薬品を製造できるということになります。

そのため、インドでは多数の製薬会社が様々なジェネリック医薬品を製造・販売しております。

日本でも1976年までは成分特許がなかったため現在のインドと同じように製造・販売をしていた時期もありました。

日本のバイアグラジェネリック

日本では現在、ファイザー社のバイアグラに続けと10社ほどの製薬会社がバイアグラジェネリックの製造を開始しております。

一番は新薬である本家バイアグラより価格が安いことがメリットでしょうか。

その他、自社のバイアグラを使用してもらうためには、新薬にはない特長がないとメリットを感じられないと思います。

選ぶ特長としてはまず、割線があると便利です。

割線とは錠剤のお薬の真ん中に線が入っているもの。

割線があると錠剤を割りやすいので含量を調節しながら服用することも可能です。

その他は服用方法。ちなみに東和薬品のバイアグラジェネリックはOD錠と呼ばれるラムネのような錠剤です。

口の中で溶けやすくなっているため、水なしで服用することも可能です。

また、レモン風味とコーヒー風味となっているので、お口の中で舐めていても不快感を感じません。

このような特長があると本家バイアグラよりメリットを感じやすくなるのではないでしょうか。

世界のジェネリック

世界のジェネリックを見てみましょう。

インドでは世界と特許が違うため、バイアグラジェネリックも日本より昔から製造・販売されてきました。

そのため、バイアグラジェネリックとしての期間が長いことから特長があるバイアグラジェネリックが沢山製造されております。

特にアジャンタ・ファーマ社が製造するカマグラはシリーズ化されており、世界的にも人気です。

種類として通常の錠剤以外にも、コップの水に溶かしてから服用するカマグラ発砲錠は小児用シロップのような感じで服用できます。

カマグラゼリーは名前の通りゼリータイプで水なしで服用でき、色々なフルーツの味となっております。

カマグラチュアブルは飴のように舐めることができ、こちらもフルーツの味がします。

このように、世界のバイアグラジェネリックは日本のバイアグラジェネリックより少し先に進んでいるお薬となっております。

↑ PAGE TOP